読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

uta3daysのブログ

自分の体験や興味あるものをつらつらと書いています

千葉の巨大カオステーマパーク『大慶園』に行ってきた!


千葉に住んでる友人に連れられて巨大テーマパーク『大慶園』に行ってきた。千葉住民で知らない人はいないらしい。もう1つのディズニーランドと言われているらしい。テーマパークと言っても正確に言うとゲームセンターである。実際に『大慶園』は予想よりも巨大でカオスだった。

アメリカの香りがする『大慶園

まずとにかくデカい。車も100台ぐらい止まっていた。車を止めて坂を登っていくと高級スポーツカーが展示してあったり、ボロボロのロケットが置いてある。入り口にはバスケコートが数面あり2on2をやったりしている。なんだからアメリカンな空気が流れていた。

巨大ゲーセンとゴーカートと時々トレーニングジム

建物は2つあり東側の建物に入ることにした。中には無数のゲームが置いてあった。格闘ゲームから音ゲーなど様々だ。ゲーセンにあまり行かない僕はワクワクしていた。

そして驚いたのがゴーカートがあったこと。10周回って500円。実際に乗ってみたが意外とスピードも出た。友人と一緒に乗ったが思いのほか楽しかった。ペーパードライバーなので来年は本物の車を上手く運転できるようになれたらなと思います。

ゴーカートが終わって上をみると何故かトレーニングマシーンが並べてあった。ほぼ全ての部位を鍛えることができるレベルのマシーンが揃っていた。何故ゲーセンにトレーニングマシーンが…そしてもっと謎なのがそこに入ることが出来なくなっているのだ。一体何故?誰の為のスペースなんだ。謎は深まるばかりだった。


お洒落なビリヤードスペース

大慶園にはゲーセン、ゴーカートがあるビルともう1つのビルがある。そちらのビルに行ってみるとなんだかゴーカートのビルとはまた違ったお洒落な雰囲気。

奥に入ると凄い数のビリヤードが。こんなにビリヤードがあるのは初めてみた。その時はお昼だったので人はまばらだったが夜になれば多くの人が集まることが想像できた。


まとめ

初めて行った『大慶園』だったが非常に楽しめた。ゲームもびっくりするほどあったし、ゴーカートやビリヤードなどの普通のゲームセンターにはないものも多数あり遊びのドンキホーテのようだった。

またバスケコートが複数あったのが印象的だった。あまりバスケコートを日本で見ることがないからスラムダンクフリークの僕にとっては羨ましかった。近くに『大慶園』があったらバスケをしに行ってただろう。

千葉の巨大カオステーマパーク『大慶園』とてもオススメです。